blog index

イデア朝大学スタッフレポート(ブログ)

イデア朝大学のできごとをスタッフがお届けします
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
3月17日(木) マーケティングマネジメント講座 (特別講座3回目)

特別講座3回目の講師は、イデア常任理事で
蠑床宛綟酒店の代表取締役社長の後藤高一先生です。



松屋後藤酒店は、飯田市箕ノ瀬にある酒屋さんです。
「激変の酒屋業界と当店の取り組み」と、題して
日々変化している酒類の業界のお話をしていただきました。

不況の影響を受け、ビールに代わって需要が伸びている
第2のビールである発泡酒と、第3のビールについて説明をいただきました。
ビールは麦芽比率が50%以上の物を
「ビール」と、呼んで良いそうです。
約半分が税金になってしまうので、そこに目をつけて開発されたのが、
第2のビールである発泡酒や、第3のビールです。




そこで先生からの質問で「この中で何を飲みますか?」と、聞かれたところ、
受講生の方は、発泡酒を飲む方が多かったです。
そこで、先生からの「実は第3のビールの方が麦芽が多いんです。」と。
第3のビールは、税金の安いリキュール類をまぜる事で、
価格を抑えることができるそうなので、
麦芽比率は、第3のビールの方が高い場合もあり、
味もビールに近いものがあるそうです。

また、ノンアルコールビールについてですがは、
以前はアルコール1%以下の物を言っていたので、
0.5%などアルコールが入って入るものが主流でした。
ただ、0.5%でも10本飲めば5%になるので、
アルコールを飲んだ事になってしまうし、味もあまり良くない物が多かったみたいです。

そこで、現在は味も良くなり、アルコールもないと言う事で、
運転前でも飲めるという理由以外でも、健康の為自宅でも飲む方が増えて、
需要をのばしているそうです。
昔に比べると、種類も好みも多様化しているこの時代に、
専門店として、日本酒は蔵元に出かけて試飲をしてみて、
作るまでの話を聞いて、お店のポップに書いたり、
ワインにあうナチュラル・チーズや、にんにく醤油などの調味料を置いたりして、
他店との差別化を図っているそうです。
その他にも、喜久水さんと会員150人位で焼酎の芋作りを行う
「信州いも倶楽部」などの取り組みも紹介していただきました。
この会で作った「山ん中」を、見せていただきました。


最後は、「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の香りの特徴を先生が説明し、
お酒の香りで、どのお酒かあてる利き酒をしました。
全問正解の方が2名!
正解した方には、試飲で使ったお酒を商品としていただきました。

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3月3日(木) マーケティングマネジメント講座 (特別講座2回目)

マーケティングマネジメント講座 特別講座


特別講座2回目の講師は、イデア副理事長であり、
螻鮎召亮卍后ヽ鮎晶┨先生です。


外松は、半生菓子を中心とした、卸売り会社です。

半生菓子とは、干菓子と生菓子の中間で、
日持ちのしない生菓子の水分を30%以下に押さえて、
日持ちを良くしたお菓子だそうです。
脱酸素剤の発達も、甘すぎない現代のニーズに
あわせた味につながっているそうです。

まず、飯田の半生菓子の歴史から・・・
昭和35年に、「栗しぐれ」が、大ヒットしたそうです。
阿智の春木屋さんのくりまんじゅうにヒントを得て、
福澤製菓さん(現:ポルカさん)で作り方を考案して、
作り方を公開した商品だそうです。
現在は子袋包装が主になってきていますが、
従来の ねじって包む包み方にごだわっているそうです。
この包み方だと、子供やご年配の方にも開けやすいですよね。

説明をしながら、外松のお菓子を次々にまわしてくれました。
受講生も、味をみながらの、講義となりました。
この、「栗しぐれ」も、味も優しい甘さと硬さで口の中でとろけるので、
お茶を飲みながら、ホッできる商品だと思いました。


コンビニが日本に上陸して37年。
コンビニの需要も、昔は若者だけだったのですが、
現在はコンビにも年齢層を広ためる為に様々な商品を置くようになっています。
ローソンやサークルKにも、半生菓子も置いているそうです。
パッケージデザインがかわいい「和風マカロンいちご味」も、
具体的に内容が書いてあって、思わず手にとりたくなる商品です。



実際に食べてみると、薄皮がマカロンの歯ごたえをだし、
中のホワイトチョコクリームあんやいちごクリームが、
いちごの味と香りが口にいっぱい広がって、
マカロンより軽くて食べやすい味でした。

螻鮎召任呂菓子だけにとどまらず、
「南信州たけのこプロジェクト」なども行っているそうです。
地元の荒れている竹林を整備して、筍を加工場で加工してもらい、
学校給食に下伊那産の筍を使ってもらう「橋渡しのプロジェクト」は、
昨秋から始まっているそうです。

外松先生も、「ただの卸売り業ではなく・・・。」という、
タイトルにもある様に、変わることへの挑戦だとおっしゃっていました。
それには、人材育成も大切で、新しい販路を作っていくのも、
人の縁やアイデアだとおっしゃっていました。

お菓子だけにとどまらない考え方が、
日々発展し続ける企業となり、
受講生にもすごく良い刺激になったようでした。


レポート ごん

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3月4日(金) メイク・レッスン講座(3回目)
今回で最終回のメイク講座。
毎回、参考になることばかりで、すごく勉強になってます。
 
今回は、まゆ毛の整え方と、つけまつ毛です。
 
まゆ毛で顔が変わる!
というくらい、重要なまゆげですが・・・。
まゆコームの、固い方と、柔らかい方があるのですが、
 柔らかい方を使うそうです。
今まで、固い方だとばかり思っていたので、目からうろこでした。
 
まゆコームで、まゆ毛の流れを整えて、コームで抑えて、
はみだした部分の毛を切っていくそうです。
まゆ毛を切るはさみは、柔らかいカーブを描いているので、
これがまゆ毛の形にそって良いそうです。
まゆ毛の間を埋めるように、ライナーで一本一本書いていくと
ナチュラルなまゆ毛が!!
 
次は、ほとんどの方が初体験のつけまつ毛。
先生曰く、10代の方はほとんど使っていて、
最近では50代後半〜60代位の方も、付けていて、
30代40代が、一番抵抗があって付けていないそうです。
なので、是非、結婚式など晴れの席だけでなく、気楽にお出かけや
女子会などでも付けてほしいとの事。
実際、つけてもらうと、目がぱっちりして目が大きく見ました。


付け方も、最初に自分の目にあった長さにカットしたら
後はのりでつけるだけなので、思っていたより簡単です!
長さや幅も、いろいろ種類があるそうなので、始めるとどんどんエスカレート
するそうです(笑)
後は、何度も練習して慣れていくそうです。
私も、今年は卒園式や入学式があるのので
練習して使ってみたいと思いました。

全回を通して、すごく勉強になりました。
宮島先生、小椋先生ありがとうございました。
| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2月25日(金) メイクレッスン講座(2回目)
メイク講座の第2回目は、「色をのせましょう」という事で、
受講生は前回のおさらいも兼ねて、
自宅でベースメイクまで行っての集合でした。
 
出来上がりがわかりやすい様に、
モデルの私たちには、片側だけメイクをして
違いを見ていく事になりました。
 
まずは、チークの入れ方です。
頬骨の高い所だけだと、「おてもやん」の様になってしまうので、
柔らかい大きいブラシで、耳の方までしっかり広げるのがコツだそうです。
この時、マットな物よりもパール入りの方が、ムラになりにくいそうです。
ベースメイクもしっかりついていないと、色が綺麗にでないそうです。
 
次はアイシャドーです。
立体的な目元にするためには、2〜3色使うと良いそうです。
少し前までは、薄い色から濃い色の順番でぬっていくというのが一般的だったのですが
今は、濃い色から薄い色の順番でぬっていくそうです。
この方がより、グラデーションが綺麗に出るとか。
今回使用したのが、ブラウン系だったのですが
どんな色の服にも、季節、場所を選ばず使えるそうです。
 
 
その後は、ペンシルタイプのアイライン、ビューラーにマスカラで基本メイク。
さらに、上級者テクニックとして、リキッドタイプのアイラインと、
小顔効果のある、シャドーにハイライトの使い方を教えて下さいました。
 
片側だけなので、差は歴然!!
化粧ってすごいな〜と、改めて感心しちゃいました。
 
受講生にも、テーブルをまわって丁寧に説明や実際に色を
入れて教えていただきました。
 
一時間という時間が、あっと言う間に過ぎていきました。
いよいよ、次回で最終回です。
まゆ毛の整え方と、つけまつ毛の付け方です。
今日のメイクだけでも、随分と変わったので、
つけまつ毛初体験なので、どんなに変わるか楽しみです。
 

前回のブログでお伝えした、クレンジングオイルマッサージ。
一週間続けたらとても肌の調子が良くなり、化粧崩れも少なくなってきました。
今日は、マッサージオイルが入手できたので、今晩から切り替えてみたいと思います。

レポート ごん
| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2月16日(水) マーケティングマネジメント講座(3回目)

マーケティングマネジメント講座3回目の今回は
「特別講座」という事で 
お菓子のいとうや社長であり、
イデア理事長の伊藤昇氏に 講師を務めていただきました。


まず、お菓子の「いとうや」の今日に至るまでを、お話いただきました。
「いとうや」という、ブランドを確立するために、お菓子は和菓子にしぼったそうです。
美味しさにこだわるために、機械化する所はしても、手作りする所や材料には
こだわったそうです。

例えば、きんつばのあんこを練ったり、焼くところは職人さんが 一つ一つ焼いているそうです。
てっきり機械で焼くものだと思っていたので、私も含め、受講生からも驚きの声があがりました。
機械化もできなくはないけど、全部機械にすると 材料の配合から変えなくてはいけない。
しかし、配合を変えると、納得のいく味では、なくなってしまう。
かといって、全部を手作りにしては、生産が追いついていかないので、
味と作業効率を考えて、二つのバランスをとっているそうです。

機械で焼いたものと、人の手で焼かれた物の違いが、昇先生はわかるそうです。
お菓子を作り続けた職人さんであるからこそ、
見極めができて経営が成り立つんだな〜と思いました。

販売店舗も、飯田は丘の上の一店舗にこだわり、他は地方発送や
デパートのみの販売として、ブランドを確立していったそうです。
東京の三越やそごうにも、だしているそうです。



飯田は、文化的や味覚的にも東日本と西日本の交差している所で、
豊かな商人の家には茶室があったそうです。
その流れで、現在でも盛んにお茶会が行われ、お茶の文化もあるからこそ、
お菓子が発展していったそうです。

休憩には、いとうやさんの 桜餅をいただきました。
受講生からも「桜の葉っぱは食べるのか、食べないのか?」などの質問も、
和やかな中ありました。
桜の香りがつけば良いから、どちらでも良いそうです。
私 個人的には一緒に食べるのが好きです。
塩漬けの葉っぱと、あんこや皮の甘さと絶妙なバランスで 美味しくいただきました。 



後半は 質疑応答の時間となりました。
積極的な質問があり、受講生のお店で行っているお客さまへの
サービスなども話があり、有意義な時間となりました

レポート ごん

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2月18日(金) メイクレッスン講座(1回目)
2月18日(金)にりんご並木のエコハウスにて

メイクレッスン
 普段メイクは卒業!きれいなお母さんはすきですか? 
講座がおこなわれました。
講師として、銀座にあるSMILE*o*N(スマイルオン)の
宮島久美子先生と小椋佳織先生にご指導いただきました。
 
全三回の講座。
第一回目は、「顔のむくみをとって、正しいベースメイクの正しい仕方」という事で
受講生、事務局スタッフみんなすっぴんで、集合!
 
まずはリンパマッサージで、顔のむくみをとる事が大事!ということで、
朝大学で人気だった小椋先生が、オイルを使って顔のマッサージ見本

この、メイクの講座も大変人気があり、当初予定の9時〜に加え、
10時30〜のレッスンを増やしたので、
9時〜の1回目は事務局まみさん、2回目は私と、
それぞれモデルになって行いました。
そのため、「飯田のゴットハンド」のマッサージを受けさせて頂き、
とても幸せなひと時 
痛いところは、老廃物がたまっていて、毎日夜マッサージをすることで、
しわやたるみ、シミなどが消えてくるそうです。


受講生の皆さんはそれぞれに・・・

実際、痛いところがあり、「たまってるな〜」と、実感しました。
普段の生活の中でも、片方ばかりで噛む片がみなどは顔がゆがむ原因のなるそうで、
意識的に普段使っていない側で噛んだりなど、均等に筋肉を使う事が良いそうです。

 
オイルを落として、いよいよ宮島先生のベースメイクです!
まずは、美しい素肌の作り方ですが、
化粧水のつけ方・肌への馴染ませ方など、一つ一つ丁寧に教えて下さいます。

ゆっくり、丁寧におこなうことで、もちもちの手に吸いつく肌が完成
これまた、とても気持ちがよくて、普段いかに素早く適当にしているかがわかりました。
その後のメイクも、さすが!プロの技で、自然なベースメイクの完成です!

レッスンを進める中で、受講生の素朴な疑問にも丁寧に答えていただき、
「へぇ〜」「うんうん」など、感心しきり

 
理想は「年齢を重ねるごとに薄いメークを」と、おっしゃってましたが、
本当にそのとおりと思いました。
化粧は毎日することなので、 毎日の肌の手入れやメイクの仕方、生活習慣が
10年後、20年後にあらわれるんだなあ〜と、思い
今日から生かさなくては!と、私も早速お風呂でオイルマッサージをしてみました。

希望者には、小椋先生が個々の肌の様子を見てマッサージオイルを調合して下さるそうです。
受講生の方たちも注文されていました。
 
三日坊主にならないように、受講生の皆さん!頑張っていますかぁ


スタッフとして参加させて頂いた私ですが、とても勉強になりました。
次回は今回行ったベースメイクをして集合です!
そして、レッスンはアイメイクこれまた、楽しみですね

レポート ごん
| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月14日(木) 自分のカラダは自分でケア!講座 (2回目)
 
癒される音楽の中、タオルをひいての講座がスタート!
前回のおさらいで、足の裏からマッサージがはじまりました。
「オイルをたっぷり付けてくださいね〜」
先生の声と、音楽だけで日常を離れ
癒されるオーラがいっぱいの空間になりました。
「この一週間で家でマッサージをした人は手をあげてください」
と、先生が聞くと、ほとんどの方が手をあげました。
 
「毎日少しずつでも体をマッサージしてくださいね。」
と先生からのアドバイス
毎日の積み重ねが、健康や美につながるんですね。
フムフム。
 
肩こりは肩を強くもんだり、たたいたりすればするほど
肩が凝るそうです。
なので、肩が凝ったらわきを揉むと凝りが
とれるそうです!!
目からうろこの、大収穫ですよね〜!!
 
また、座ってマッサージする時も
おへその下3センチに力を入れて座ると
お腹にお肉がつきにくくなるそうです。
受講生の皆さんもその一声で背筋がシャキン!!
皆さん、きれいでしたよ〜!
 
マッサージの最後は、ゆっくり腕をまわして
リンパ液を流す事を行いました。
時計の秒針にあわせてまわしたのですが、
普段 ゆっくりまわす事などあまりないので、
結構腕にききました。
首も同様、ゆっくりまわしたら、きもちが良かったですよ!
 
皆さん、気持ち良くなって、帰られていきました。
そんな受講生の姿に、「私も申し込めば良かった〜!」
と、心底思いました。
人気講座も納得です。
 
次回、最終回ですが、ノーメイクで参加してほしいとの事でした。
フェイシャルマッサージ!
どんな効果があるのか、楽しみです。
| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 05:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月6日(水) 市民ワークショップ リニア飯田駅とまちづくり講座 (最終回)

市民ワークショップ リニア飯田駅3回目が行われました。

今回のテーマは「将来性のビジョンについてまとめてみよう」

まず、飯田の現状や他の地域の事例、
地域の特性をいかしたまちづくりなどの今後のビジョンについて、
今までの話もまとめて、
行政サイドとしては発表していない
北原部長の思いも含めた「世界へ誇れる飯田」について
スライドを使って説明をいただきました。


「行政だけでは決められる事ではないから、
市民の皆さんの意見を聞きたい」と北原部長のお言葉。

その後、受講生の皆さんで意見交換がなされました。
「りんご並木がシンボルになっているが、市民の憩いの場ではなくなっている。
 リニアが来ても活かしていけるようにしてほしい。」
「ディズニーランドの様に【何度来てもまた行きたい】と思える
 飯田のまちづくりを目指したら良いと思う。」
「郊外に駐車場を作り、中心市街地は歩きたくなる街にしたら良いと思う。」
「様々な地域が合併して飯田市ができているが、
 それぞれの旧村や町の方の地域への思いは強い。
 その特色を活かして集客して欲しい。」
「15年先に大人になっている子供の夢や声を反映して欲しい。
 誇りに思える地域にしていって欲しい。」
「研究開発機関や大学を飯田に設置して欲しい。
 また、りんご並木ももっと発信した方が良い。」
「理想のまちづくりも大事だが、仕事もないと実際生活していけないので、
 働ける場所を確保してほしい。」
「意見を聞くだけでなく、もっと集約したて行政に反映して欲しい。
 もっと意見を聞く場所を増やして欲しい。」
「具体的な一歩をまず踏み出してほしい」などの、熱い意見がでました。


リニア飯田駅ができる、出来ないとは別に、
飯田の街を活性化させる事が大切で、
そこは皆の願いなんだと思いました。

レポート ごん

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月29日(水) 市民ワークショップ リニアとまちづくり

市民ワークショップ リニア飯田駅とまちづくりを考える講座 第2回目

今回は「リニア飯田駅を考えるポイントと客観的評価について」
というテーマで行われました。

飯田はかざこし山を北にして、歴史的にもきちんとした考えの元、
まちづくりをしている町。 
飯田駅を中心に、中央道にもアクセスが良く、
飯田線ともつながり、バスなどの公共交通機関も付属しているので
リニア飯田駅はJR飯田駅が妥当ではないか?との考えの元、
北原部長から様々な資料を説明いただきながら、お話がありました。

その後、受講生から意見が出されました。

「人口の比率で言ったら松本・諏訪の事を考えたら松川方面に駅があっても良いのでは?」
「土地の広さを考えても、飯田駅周辺に本当に駅や駐車場が本当にできるのか?」
「飯田市民を中心に考えると飯田駅が良いと思うが、
 他の地域から来る事を考えると飯田インターが近い方が良いのでは。」
「飯田駅を降りた時に、駐車場ばかりでは切ない。
 自然など、飯田の良さが残る地域に作るのも良いのでは。」
「15年は遠い未来ではない。観光かビジネスかどんな駅を目指すのか?
 それによる町つくりをしていかなくてはいけないのではないか。」

など、鋭い意見もでました。

駐車場ももちろん必要だが、もっと公共交通機関を連携させて発達させて、
マイカーも減らして、低炭素社会になっていくのでは?と、
将来の交通事情のビジョンも話した上で、
受講生の質問にも、リニアが来る、来ないは別としても、
活性化をふくめた町つくりを一番に考えていくのが行政の役割だとお話してくださいました。

熱い意見が出されていて、この講座への期待感もすごく感じました。
次回が最終回ですが、どんな意見がでるか、また楽しみです。

レポート ごん

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月13日(月) ビジネスマンのためのセンス・アップ講座

こんにちは ごんです。

りんご庁舎会議室において
「ビジネスマンのためのセンス・アップ講座」第2回目が行われました。



講座の内容から
原則的な上席の判断方法
基本的に床の間側や部屋の奥が上席になりますが、
入り口側に床の間がある場合には、床の間にこだわらず奥側に座っていただきます。
出入りがあって落ち着かないという、お客様の気持ちを重視することが大切です。
  
また、電車やバス等の乗車の際に 先に乗るように勧められた時は「お先に失礼します」と 
一言お礼を伝えるという心使いができるかどうかで、印象が違います。

名刺交換
名刺は相手の方そのものなので、帰るまでは机に置き、大切に扱います。
家に帰って書き込んだりしても良いのですが、目の前でやることは失礼にあたります。 
  
実際に、先生と一人一人名刺交換をしました。 
受講生で焼肉屋の大紋に勤務している佐藤さん
「先日はご来店いただいてありがとうがざいました」と一言を添えたことで
今日は実際に接客していないのですが、
会社の情報が上手く発信できたり、嬉しい気持ちになったりすると話してくれました。


やはり、ここでも+αは 大切だと言う事が 実践からわかりました。
休憩時間中にも名刺交換が行われ、受講生同士の交流もありました。

レポート ごん

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート ごん | 03:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ