blog index

イデア朝大学スタッフレポート(ブログ)

イデア朝大学のできごとをスタッフがお届けします
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
2月27日(日) ベジフルビューティー講座(3回目)

平成23年2月27日(日)、
『野菜ソムリエクボジュンのベジフルビューティー講座』第3回が
りんご並木のエコハウスにて開催されました。

今日は3回目とあって、講座開始前から
クボジュン先生も一緒に皆さんわきあいあい。
受講生のひとりが着物をお召しになっていたりもして、
なんだか話が盛り上がっていました。

今回の講義では、
果物の摂取の有効性、
体脂肪のコントロールの方法や
アンチエイジングの事、
バランスのよい食事の摂り方など
を学びました。

クボジュン先生は通常の生活の中でも
簡単に取り入れられる
体に良いことも教えてくれました。
例えば…
血糖値が下がるとお腹が減るので
食事の一口目に果物を食べるといいとか、
食事の前にちょっと体を動かすと血糖値が上がり、
沢山食べなくてもいいとかなどなど。
そして、今回は
普段は縦の動きが多いので
横の動きを取り入れるといいと云う事で
脇のストレッチ、
鍛えると女性ホルモンが活発になって
肌もキレイになる太ももを鍛える
簡単な方法も教えて頂いちゃいました。
普段の生活の中に取り入れて
ちょっとした気遣いでキレイになれるのなら
今日から早速始めなくちゃ〜。


さて、後半はエコハウス1Fのキッチンで
ベジフルジュースを作り。
今日は “ブロッコリーとバナナのジュース”です。
今回、ブロッコリーはクボジュン先生ご持参の
T-fal の電気スチーマーで蒸しました。
茹でると野菜のビタミンが逃げてしまうので
野菜は蒸したほうが栄養の損失も少なく
旨みも凝縮されるのでお勧めだそうです。

ブロッコリーが蒸し上がると
皆さん3回目なので作業も手際よく進み
あっとゆう間に
ベジフルビューティージュースの完成です。


いつものようにペレットの前の丸テーブルで
試飲会。

いただきま〜すと頂いてから
一気に飲んでしまえる程、
飲みやすいジュースでした。
そして、残った蒸したブロッコリーも
試食。とっても甘みがあってgoodでした。


今回が最後のこの講座。
最後にクボジュン先生は
この講座で学んでいただけた事が
今後の生活に少しでも役に立てば
うれしいです。
とコメントされ講座を終わりました。


講座終了後は
記念撮影をして、片づけもして、
朝大学講座受講当日ランチを5%OFFの特典を利用して
エコハウスの隣にある『TESSHIN』で
みんなでランチをしながら、
『食』についていろんな話題で盛り上がりました。


講座は終了してしまいましたが、
受講生のみなさんの飽くなき(?)
『食』への探求は終わらないようで…。


クボジュン先生、
皆さんの探究心に答えるべく
これからも頑張って下さいね。


レポート しお

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2月6日(日)野菜ソムリエクボジュンのベジフルビューティー講座(2回目)

野菜ソムリエクボジュンの
    ベジフルビューティー講座

平成23年2月6日(日)、
立春を過ぎて少し寒さが緩んできた今日この頃…。
『野菜ソムリエクボジュンのベジフルビューティー講座』第2回が
りんご並木のエコハウスにて開催されました。

本日も講師はもちろん野菜ソムリエクボジュンこと
久保田淳子先生です。

前半の講義では、
「野菜・果物の栄養素について」学びました。

ビタミンやミネラルは体に不可欠な栄養素ですが、
そのビタミンやミネラルの種類や
それを含む野菜・果物はなにか…
またその働きについての講義がありました。

体内で発生する「活性酸素」は老化の原因などに
なる怖〜いものですが、
この活性酸素の働きを抑えるのが抗酸化物質だそうです。
これは美容にとってもよいもので
ビタミンA・C・Eに多く含まれていて
これをビタミンACE(エース)と呼ぶそうです。
うまいゴロ合わせですよね。

今日から美容と健康のために
納豆と豆腐を取らなくちゃ〜

さて、後半はベジフルジュースを作り。

ミキサーを使って
カボチャリンゴのジュース”です。



先生が下ごしらえしてくれたカボチャと
リンゴを使ってひとりずつ
材料を切ってミキサーにかけて…。
ミキサーもかけ過ぎは
食物のもつ成分を切り過ぎてしまうので
少し粒が残っているほうがいいらしいです。
カボチャの黄色とリンゴの甘みの
どろっとした食感のベジフルジュースが
あっという間にいっちょ上がり〜。


今日もペレットの前の丸テーブルでみんなで試飲。
思っていた以上に飲みやすいジュースで、
ごくごく飲めました。
これでみんなのお肌はピカピカ〜ですね。

ジュースは受講生の方に作っていただいたので
私もうちへ帰って自分で作ってみました。
ちょっとカボチャが硬すぎたみたいで、
カボチャの皮が口に残ってしまいました(苦笑)
でも、味はおいしかったんですよ。

次回は2月27日(日)、エコハウスにて開講します。
講座の最終回となる次回の
ベジフルビューティーの講義と
ベジフルビューティージュース
たのしみです!!


レポート しお

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 10:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
1月29日(土) 秋葉街道とこれからの地域づくりを考える (3回目)

古道秋葉街道とこれからの地域づくりを学ぶ講座


平成23年1月29日(土)
『古道秋葉街道とこれからの地域づくりを学ぶ』
講座の第3回が
コミュニティーセンター心谷(ここだに)にて開催されました。
この日はプロジェクターのレンズが曇って
うまく映し出されないような寒い日でしたが、
受講生の皆さんは元気に受講して下さいました。


今回は予定の講師の方が都合で来られなくなったため、
前回に引き続き、秋葉街道信遠ネットワーク伊那支部の
高坂英雄氏に講義して頂きました。

昔の山での生活は非常に厳しいもので、
家も道もお金でプロに頼んだり、
行政が造ってくれるものではなく、
近隣の人々が協力して“普請”していたそうです。
このような生活の中で人々は、
火に対する畏れがとても強く、
神にすがって生きていかねばならなかったため、
こういう人々が火防の神である秋葉信仰を始めたのではないか
ということでした。
昔の人々はシンプルな生活をして
人と人のつながりの中で神様と一緒に
暮らしていたんだろなぁと感じます。


秋葉信仰は江戸時代には神仏習合で、
秋葉社と秋葉寺は同じ敷地内に建ち
秋葉三尺坊大権現を御祭神としていました。
でも明治時代の神仏分離令で
秋葉寺は廃寺になり、
御祭神が他の寺へ遷座されましたが、
強い人々の願いにより御祭神を新たに迎え
秋葉神社として再興されたという、
時代の流れに大きく翻弄されながらも
秋葉信仰は人々によって守られてきたのでした。

ところで、この秋葉三尺坊大権現ですが、
飯綱大権現で、そのモデルのなっているのは
インドのダキニ天だそうです。
もともとインドではダキニ天は人の心臓を喰らい血をすする女夜叉でしたが、
大黒天に服従し、やがて日本に渡ってから徐々に善神へと変身し、
ついには大出世を果たし美しい福神となったそうです。
面白いなぁぁぁ。
ホントのことなのかもしれませんが、
もしこれは人が作った神話だとしたら、
神も人間の考えに翻弄されて
信仰されているのかなと思いました。

今回は講義の後、今回学んだことを踏まえ、
秋葉街道を残すことで地域づくりにつなげるには…
ということで、2班に分かれてグループワークを
行いました。
まず、秋葉街道の魅力ということで、
なぜこの講座に参加したのかと聞いたところ、
家族が秋葉街道を愛する会に所属しているので、
秋葉街道のことを知りたかった。とか、
秋葉街道を歩いてみたかったので、など
皆さんそれぞれに目的が違っていて
すばらしいなと思いました。
また、街道というのは生活の道で、
時代背景が色濃く残っているので
歴史の生き証人みたいなものだという方もいらっしゃいました。

秋葉街道を残すと言うことで、
今、目的違いますが秋葉街道をいろんな形で
多くの団体が関わっています。
(イデア朝大学もそのひとつですね)

でも、この秋葉街道は今の生活道ではないので、
行政などに頼んで残して行くものではないのでは
ないか、失われてしまうのは仕方のないことだけれど、
それを無理に観光化して残すよりは、
ただ、秋葉街道を知りたい、残したいという
人々の思い、愛情で、
人々がつながり、伝えてゆき、残していければ、
いいのではないかということでした。

実際、秋葉街道の整備は今でも“普請”でされているそうです。
この“普請”ができた時の感動は格別なものだと、
“普請”にされた方はおっしゃっていました。


秋葉街道は昔からシンプルな人々の思いで残されてきて、
これからもそういう人々の思いが秋葉街道を守ってゆくのかな
と感じたのでした。


今回の講座開催にあたりして
秋葉街道信遠ネットワーク及び心谷スタッフの方々には
大変ご協力頂きましたことこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。



レポート しお

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1月16日(日) 野菜ソムリエクボジュンのベジフルビューティー講座(1回目)

野菜ソムリエクボジュンのベジフルビューティー講座

明けましておめでとうございます!
本年もイデア朝大学をよろしくお願いします。


平成23年1月16日(日)、新年初めの講座となる
『野菜ソムリエクボジュンのベジフルビューティー講座』第1回が
昨夜の雪が残るりんご並木のエコハウスにて開催されました。



講師はもちろん野菜ソムリエクボジュンこと
久保田淳子先生です。
先生は大好きな地元「南信州」の魅力を
野菜・果物を通じて伝える活動を行っており、
地元紙へのレシピ掲載、講師としても活躍されています。


今回の講座は「食」とインナービューティの関係について学び、
毎日の食生活に野菜・果物を効果的に摂り入れ、
楽しみながらキレイになる「ベジフルビューティーライフ」を
目指す講座です。毎回のお手軽ベジフルビューティージュース作りも
楽しみのひとつです。
(*ベジフル=ベジタブル&フルーツの略)


今回は第1回と言うことで、
まず先生の用意して下さった資料を基に
野菜・果物はなぜ体に良いのか、旬はなぜ良いのか
などについて学びました。
またベジフルの調理のポイントも教えて頂きました。


一通りの講義の後、受講生のからの質問タイム!
講義の内容についてだけでなく、
「ヨーグルトとキウイを合わせるとなぜ酸っぱくなってしまうのか」
と言うような、
日頃から疑問に思われている「食」について質問が次から次へと出て、
受講生の方の「食」に対する関心の高さを感じました。
講座の後、受講生の方から
うろ覚え、聞き覚えのある事を確認できて良かったとの感想が聞かれ、
質問することでも「食」への知識も深められたようです。

]

そして、2階での講義の後は
お楽しみのベジフルビューティージュースを
エコハウス1階のキッチンをお借りして作りました。
みんなで交代で、ショウガをすったり
レモンを絞ったり、ワイワイしているうちに
あっと云う間に“ホットレモンジンシャー”の
出来上がり!!


赤々と燃えるペレットストーブの前の丸テーブルで
スタッフも混ぜて頂き、やはりワイワイにぎやかに試飲。
レモンの酸味としょうがのぴりぴり感が
アクセントのホットドリンクでした。
寒い時には芯から温まるドリンクはうれしいですね。




次回は2月6日(日)、エコハウスにて開講します。

今度はどんなベジフルビューティーの講義か
またベジフルビューティージュースもたのしみです!!



レポート しお

 

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 15:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
11月20日(土) 秋葉街道とこれからの地域づくりを学ぶ (2回目)

11月20日(土)
『古道秋葉街道とこれからの地域づくりを学ぶ』
講座の第2回が
コミュニティーセンター心谷(ここだに)にて開催されました。

今日の講師は秋葉街道信遠ネットワーク伊那支部で
長谷村在住の高坂英雄氏。

『秋葉信仰と明治の神仏分離令』について
講義して下さいました。
レジメも頂き、今回も沢山の事を学びしました。

秋葉信仰と言えば火防の神様として有名ですよね。
家庭でよく見かける火防のお札…
秋葉神社のものが多いのではないでしょうか。
火事に遭わないという事もありますが、
火には悪を焼き尽くすという意味合いもあるそうです。
あぁそう言えば、
秋葉神社といいますが、なんと呼びますか?
“あきはじんじゃ”と呼ぶのが正解のようです。
そして、秋葉神社の下にある秋葉寺は
“しゅうようじ”と呼びます。

秋葉神社は江戸時代まで秋葉社と秋葉寺で
神仏習合として祀られていましたが、
明治の神仏分離令により秋葉寺は廃寺となり、
秋葉社も一度は廃社となったのですが、
御祭神を新たに向かえ
秋葉神社として再興したのだそうです。

余談でしたが、
この神仏分離令では廃仏毀釈により
沢山の仏像が壊れたそうですが、
たまに見かける首なしの石仏もその名残だそうです。
国のお達しとはいえ、
石仏の首を壊すなんでなんか怖いですよね。


火防の神として秋葉神社はあちこちに
祀られているのですが、
その昔、関東大震災の際には東京の下町は殆ど火災に
遭ったのですが、ただ一箇所“秋葉原”だけは
火災を免れたそうです。
実際に、秋葉様ついていてくれるから大丈夫と信じていた
住民が逃げずに消化活動をしたおかげで
火災にならなったのだそうですが、
これも秋葉神社のご加護だと言われているそうです。

そんなこんなで、
秋葉神社もいろんな時代の流れに
もまれながら、形を変えながらも
今は秋葉山本宮秋葉神社として
火防の神として今も尚、
人々に信仰さているのでした。

そして、世に名高い秋葉の火まつりが
今年も12月15日・16日に
執り行われるそうです。
そのツアーを
この講座の協力団体である秋葉街道信遠ネットワークで
企画しているそうです。
興味のある方は問い合わせてみて下さい。
(秋葉街道信遠ネットワーク 「旅は心谷」 0265-48-0622)

今回は講座の後、少し時間があったので、
この秋葉神社へつづく秋葉街道を復興させ、
次世代へ継いでゆく活動をする秋葉街道信遠ネットワークの活動の
DVDを通して、現在の秋葉街道を見せて頂きました。


若干の舗装道路もあるようですが、
人一人が歩けるような山の斜面の道もあって、
とても素朴な感じでした。
昔、昔はこの道を秋葉神社へ通う人たちが
行き交っんだと思うと、
なんともノスタルジックな気分になります。


レポート しお
 

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月10日(水) 広告販促プランニング基礎講座(2回目)

11月10日(水)、飯田市公民館に於いて
「広告販促プランニング基礎講座」第2回が行われました。

今回はDMについてのお話からはじまりました。
皆さんは送られてくるDMをどのくらいご覧になりますか?

最近は封筒も変わってきていて、
透明の封筒で中が見えるもの、
黒い封筒など
封筒が珍しいと開封率が上がるそうです。

また、透明な封筒はビニールなので
中身が見えるとうメリットの他に、
中身の紙と分別するために
必ず開封しなければなりませんよね。
そういう意味では
開封させる(目に留まる)には
いい方法かもしれないですよね。

その後、
受講生の方が関わって作った広告チラシについて
ディスカッションを行いました。
まず、ひとりずつ持ってきた広告について
何のチラシか、ターゲットは誰か、
何部作ったのか、配布範囲は…などなど
プレゼンテーションをしました。
そして、そのチラシについてみんなで
率直にディスカッションしました。

それはさながら“広告を斬る”
という感じでいろんな感想、意見が出ました。
先生からも適切はアドバイスやヒントを頂きました。
少々、辛口な感はありましたが、
ここでの意見、アドバイスは
すぐにでも実行できそうな事ばかりで
次に受講生の方々が作るチラシが
たのしみになりました。

先生は最後に
「広告も突貫工事では効果のあるものできない。
プランを練って進めること必要です」
とおっしゃっていました。


この講座の内容はとても充実していたと思います。
素人の私にもわかりやすく、
広告販促のアドバイスやヒントは具体的なものなので
すぐに仕事の活かせるのではないでしょうか。

小池先生 ありがとうございました。

ところで、今回のこの講座、受講生は3名でした。
もっと多くの方に受講して、
仕事に役立ててほしかったです。
小池先〜生!!
受講生を増やすには
どう広告したらいいでしょうか???

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月29日(金) 月尾嘉男教授 特別講演会

10月29日(金)18時30分から
りんご庁舎会議室に於いて
イデア朝大学特別講座
月尾嘉男先生講演会
『滅びる文化 残れる文化 千年持続都市を目指して』
が実施されました。


月尾嘉男先生は東京大学名誉教授で、
情報科学、環境問題、歴史や文明論まで
幅広い見識を持ち、世界の隅々まで旅をして
様々な文化・文明の興亡を
目の当たりにされている方です。

「仰山塾in天龍」をはじめ全国各地で自然塾を主宰し、
地域の有志とともに環境保護や地域計画にも
取り組んでいらっしゃいます。
また、「ドクター月尾 地球の方程式」
「森本毅郎スタンバイ:日本全国8時です」
など、テレビ・ラジオ番組にも
多数出演されているスゴ〜イ先生なのです。
今回は「仰山塾in天龍」のご協力にもと
月尾先生に講演して頂くことができました。

先生のファンの方も多く受講していただき、
会場はほぼ満員でした。

まずは、世界史から…
古代ローマ時代に栄えた都市国家であるカルタゴ。
中世に栄えた都市ベナチア。
どちらも当時はとても栄えていたのに
衰退してしまったのはなぜか、
カルタゴにいたっては
その詳細が最近までわからないほど
埋もれてしまったのは…
どう発展して、どうして衰退したのか、
スライドと使い、とてもテンポよく
お話してくださいました。

そして、
この衰退した都市と今の日本の類似性をお話下さり、
日本が今ある危機をお話下さいました。

また、衰退した都市とは反対に
長〜く存在する民族の事もお話下さいました。
先生は世界の民族を直接取材されて、
研究をされています。
その中でアメリカの原住民のある一族は
「百年先の事を考えて、今なにをすべきか」
と考えて暮らしているそうです。


最後に、
今の日本に足りないもの…
これからの日本に必要なもの…
いろいろなデーターを基に
先生の視点でお話下さいました。

内容の濃い、テンポよい講座は時間を
すこしオーバーしましたが、
受講者の方からの質問、感想もあって、
受講者みな先生のお話に
感じ入っているようでした。

知識豊富、経験豊富な先生のお話は
物への視点、考え方が
凡人の私とはまったく違い
ともて刺激的でした。

「今夜の晩御飯はなににしよう」などと
日々のことしか考えられない私に
このままの日本でホントにいいのか、
百年後のことまではわからないけど、
先のために何かしなくては
と思わせてくれるすばらしい講座でした。

月尾嘉男先生 ありがとうございました。


レポート しお
 

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月23日(土) 古道秋葉街道とこれからの地域づくりを学ぶ (1回目)

10月23日(土)
『古道秋葉街道とこれからの地域づくりを学ぶ』講座の
第1回が銀座堀端ビル裏の旧ホテル三宜亭の
コミュニティーセンター心谷(ここだに)にて開催されました。


この講座は
信仰と生活の道であった秋葉街道を蘇らせ、
また周辺地域の活性化を目指すネットワーク組織
秋葉街道信遠ネットワークの協力を元に開催しています。
(http://akihakaidou.com)

今日の講師は秋葉街道信遠ネットワーク天竜支部会長で
秋葉街道の歴史に大変詳しく
浜松市天竜区周辺の秋葉街道復興に努力されて
浜松市みさくぼの観光ガイドをされている
加藤定義氏。

昨日は白馬で、今日は自宅の浜松からはるばる飯田へ来て下さり、
午後には名古屋へ行かなくてはいけない
超多忙な先生なのでした。

古道秋葉街道は遠州と南信州を結ぶ街道で
信仰の道であり、生活の道であり、塩の道であり、
また武田信玄が遠州攻略の軍用路として
利用した街道なのだそうです。

先生はこの秋葉街道の塩の道論には
疑問がいろいろあるそうで
昔の帳簿を調べられ、
塩の流通方法や馬の数、荷物も重さなど
いろいろな数字から割り出してみると
秋葉街道を沢山の塩が通っていたとは
考えにくいなど
いろいろな見解をお話して下さり、
秋葉街道が塩の道だったと言うのは
難しい気がするとおっしゃっていました。


また、塩については
飯田には赤穂の塩が入って来ていたようなのですが
この赤穂といえば有名な赤穂浪士の討ち入りですが、
この赤穂と吉良の関係についてもお話して下さいました。

秋葉神社は火の神様で有名で
江戸時代には
火災の多かった江戸の人々が秋葉街道を通って
秋葉詣をされたそうですが、
江戸の大火事についても
歴史に残る袖振り火災などのお話も
面白いものでした。


このように観光ガイドが本業だとおっしゃる先生のお話は
立石に水がごとく次から次へと歴史のお話が出てきて
歴史に疎いわたしにはとても新鮮でした。

そして受講生の方からも
「先生の個人的考えがとても面白い。
 歴史と云うのは
 その時代の支配者に有利なように
 歴史を曲げてしまうので
 真実はひとつではないんですよ。」
と教えて頂き、
なるほどなぁと関心するばかりの
わたしでした。

レポート しお

 

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月21日(木) 自分のカラダは自分でケア!講座 (3回目)

 自分のカラダは自分でケア!
〜リンパの流れを整えて健康なカラダ作り〜

10月21日(木)
自分のカラダは自分でケア!
〜リンパの流れを整えて健康なカラダ作り〜
最終回の第3回目が行われました。

肌寒い中、暖房を入れての講座となりました。

今日の講座は3回目でスッピンでということもあってか
みなさんなんとなく始まる前からリラックスムード・・・
準備も慣れたものです。

今日のテーマは
『顔…しみ・しわ・たるみ対策、ストレス緩和』
についてでしたが、まずは足の裏から…


マッサージオイルをたっぷり使って、
柔らかい先生の声に合わせて
ゆっくりゆっくり
だんだんと上へ…
外側から内側へ…
マッサージは中心へ向かってするのが基本です。

顔にもたっぷりオイルを使って
顔は力を抜いて
ゆっくり、ゆっくり…
やさしく、やさしく…
力が入るとシワになります。

顔にゴリゴリしているところなんてあるかな
と思って触ってみましたがあるんですね〜。
顔のゴリゴリしているとこは詰まっているので
しっかりマッサージ。
途中で止めないできちんと最後まで流してあげて。
たるみの原因、えらが張る原因になるそうです。


マッサージを指導してくれながら
先生はさらっと大事なことも教えてくれます。
片噛みは顔のゆがみの原因になるので
両方の歯でバランスよく噛みましょうとか…
化粧水やクリームを塗ったら
一番やさしい薬指でトントンするといいとか…

最後はゆっくりゆっくり首を回して、終了です。
最後に先生から
自分のカラダは自分が毎日使うものだから
やっぱり毎日自分でケアしてあげてほしい。
手をかければ、
必ずカラダは答えてくれるから…
とお話下さいました。

お忙しい中、小椋先生ありがとうございました。
先生のスタイル、肌を見れば
リンパマッサージの効果は一目瞭然。
受講生の皆さん、
リンパマッサージを少しづつでも毎日続けて下さいね。
そして、健康的な毎日をお過ごし下さい!!


レポート しお

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月13日(水) 広告販促プランニング基礎講座(1回目)

 10月13日(水)、飯田市公民館に於いて
広告販促プランニング基礎講座第1回が行われました。

この講座の講師は、
飯田エフエム放送蠎萃役総括責任者 小池行範氏。
先生は都内印刷会社→県内広告代理店→
広告代理店エージェンシー広宣→飯田エフエム放送
と広告に関係する現場を営業職から取締役まで経験する
広告のプロフェッショナルです。

今回の講座では
広告販促プラン作成に取り組んでゆく際の基本的知識や考え方、
実務のポイントなどを学び、地域にあった効果的な
広告販促プランニングを具体的に考える
という講座です。

まずは広告の基礎から。
広告のはじまりはエジプト時代…
“オレの奴隷はどこに行ったぁー”
みたいな求人広告だったという説があるそうです。
今の広告とはちょっと違いますよね。

広告媒体の講義では、
テレビ、ラジオ、紙媒体(新聞、雑誌、フリーペーパー等)、ネット
のそれぞれの媒体の特性や発注の仕方、値段など
具体例をあげてわかりやすく教えてくださいました。

それから広告表現の講義では、
脳の働きを理解して考えるとよいとのことでした。
同じ言葉でも書体によって受ける印象が違うとか、
左側と右側の関係とか、
記憶しやすい効果方法とか、
具体的ないい例、よくない例を見せてくれての
説明で興味深いものがありました。
例えば、ちょっと昔のCMですが、
“えりまきトカゲ”が出演(?)していたCMありましたよね。
あれはなんのCMだったか覚えてますか???
えりまきトカゲがあまりに印象強すぎて
肝心の商品の印象が残らない例なんです。
久しぶりにこのCMを見せてもらいましたが、
えりまきトカゲはあぁそう、そうと思い出せるのですが、
肝心の商品は…
車(三菱ミラージュ)でした。
見ても思い出せないなんて人間に記憶って
ホント曖昧ですよね。

講義は小池先生がこの講座のために(たぶん)
つくって下さった資料を
プロジェクターを使っての説明で
とてもわかり易かったのですが、
これは先生が故意的に脳の働きを考えて、
スクリーンの置く位置だとか
文字数などを決めたそうです。
恐れいりましたって感じです。

今までは受ける立場でしか広告を
見ていなかった私ですが、
これからはつくる立場からの目線でも
見ることができそうで、
広告を見るのがちょっと変わりました。

次回は自分でつくった、いままでの広告を持ち寄り、
より具体的に広告販促プランニングを
ディスカッションを含めてされるそうです。
どんな広告が出来てくるのか
たのしみです。


レポート しお

| イデア朝大学スタッフ | 講座レポート しお | 05:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ